オリゴ糖ときくと、甘い食品のイメージが思い浮かびないでしょうか?当然、オリゴ糖は糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)の一種なので甘さはありますが、砂糖のように摂取し過ぎるとエネルギーが高くなってしまったなんてことは少なくなります。では、実際にオリゴ糖にはどの程度のカロリーがあるのか、調査してみました。砂糖のエネルギーが1g当たり4キロカロリーだとすると、オリゴ糖は種類によっては若干の差があるものですが、おおよそが2〜3キロカロリーくらいです。カロリーが砂糖と比べて低い分、砂糖よりも甘みを感じることが少ないはずです。オリゴ糖で砂糖と同じだけの甘みを出そうとすると、それだけだけ使用量が増えてしまう為、逆にカロリーが高くなってしまうそうです。例えば、砂糖の甘みを100と考えてみると、オリゴ糖のなかにも一番カロリーが高いと呼ねれる乳果オリゴ糖でも、50〜70程度の甘みしかないんですよ。オリゴ糖は大きくふたつに分けて、「消化性オリゴ糖」と「難消化性オリゴ糖」とに分ける事が出来ます。消化性のオリゴ糖は大腸に行くまでの間に消化されてしまうオリゴ糖の事をいい、難消化性のオリゴ糖は大腸にまで届いて腸内細菌の働きを活性化して腸内環境(食生活の改善以外にも、お風呂に入る、マッサージするなど、色々な方法で改善できます)を整えてくれるオリゴ糖のことをいいます。実は、この難消化性オリゴ糖というのは、体の中に摂取しても消化吸収されにくいために、吸収されたとしてもエネルギーは低いだと言われているんです。ですから、真剣にダイエットを考えた方には難消化性オリゴ糖の使用をオススメします。ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)の最中であれね、やはり糖分(糖質とも呼ねれます)の摂取を可能な限り控えなくてはダメですよね。でも、オリゴ糖であれば、ご説明したようにカロリーは低めかと言って甘みを感じることが出来るので、ヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)に入れて摂取したりするといいしょうねー